近視(近眼とも呼ばれます)は一般的に6~12歳頃に発症し、近視の人口は増加傾向にあります。

眼鏡やコンタクトレンズによって簡単に視力を矯正することができますが、検査せずに悪化させてしまった場合、近視は長期にわたって目の健康に影響を及ぼす可能性があります。

幸いにも、最近の研究によって近視の発症を防ぐ、またはその進行を遅らせる様々な方法が提案されています。

この短い質問に回答いただくことで、近視発症のリスク要因を特定することができます。お子さんが既に近視の場合は、進行を遅らせるための方法についてアドバイスいたします。

進む 17%

お子さんの年齢はおいくつですか?

進む 33%

お子さんは既に近視ですか(遠くを見るときに眼鏡が必要ですか)?

進む 50%

お子さんは何歳から近視用眼鏡を使用していますか?

進む 67%

ご両親は近視ですか?

進む 83%

学校での時間を除いて、お子さんは1日に何時間、近くを見る作業を行っていますか?

進む 100%

学校での休み時間を含み、お子さんは平均して1日に何時間屋外で過ごしていますか?